スタッフブログ

2013年2月 9日
高級感漂うパッケージ

こんにちわ、企画のエビです。

今日は家にあった箱を真似してサンプルを製作しました、
箱の蓋天面に加工時にスポンジを仕込んであるので膨らみがあり、
蓋を開ける時に手のひらに感じる感触がとても優しく、
赤ちゃんの頬っぺたにでも触れたかのように感じます。

DSCN5372.JPG DSCN5378.JPG

時計を入れて撮影しました、

DSCN5373.JPG

黒色の紙を使用したので、高級感を感じられます。
でも安い時計なので、中身が箱に負けているような気もします、
パッケージは中の商品と調和がとれてこそなんぼですね。



2013年2月 6日
水が入る貼り箱を試作してみた

こんにちわ、企画のエビです。

何か変わった物を入れる貼り箱を作ろうと思い
今日は水(ウォーター)が入る貼り箱を試作しました。

問題発生!
従来の貼り箱ですと、水を注ぎ時間が経過すると液体は紙を浸透し、
隙間から水が漏れ出してしまいます、生地も水分を含んで変色しています。

DSCN5351.JPG 

漏れる原因、水漏れ箇所を特定し、新たな製法を考えました、
作り方は企業秘密、大発明になるかもしれないので写真はアップできません(笑)

DSCN5348.JPG DSCN5352.JPG

この箱は生地の表面に特殊な加工をしているのではなく、
日本の伝統文化である折り紙の技術を応用して試作しました、
この箱が量産出来れば、世界初?かもしれない液体対応の貼り箱として販売できるなぁ。

2013年2月 5日
手編みパッケージ

こんにちわ、企画のエビです。

今日は朝からひらめきました。
紙を生地にそのまま貼るのではなく、
色や柄の違う短冊上にカットした紙を織り込んでから貼ってみたらどんな箱が出来るだろうか?

DSCN5343.JPG DSCN5344.JPG

赤色と青色の紙を使い実際に箱を作ってみました!
紙と紙が重なる箇所には接着剤を使用せず織り込んでいるだけなので
箱表面は凹凸ができ、紙の重なり部分には隙間があり、
箱を持った時に柔らかさ温かみを感じる高級感のある
パッケージに仕上がりました。

手編みですので私の愛情が込められています。

量産は出来ないなぁ~



2013年2月 4日
メディア掲載されました。

おはようございます、企画のエビです。

ハマノパッケージが日経ものづくり2013年2月号の
新連載記事「独創的な製品を生み出すためのイノベーティブ思考法」で
取り上げられています、今回は第一回ですのであまりハマノパッケージの事に
ついて書かれていませんが、第二回から第五回まででどんどん紹介される予定ですので
是非ご覧ください。



2013年2月 1日
カルトナージュっぽい貼り箱

こんにちは、企画のタイです。

今日は、箱に布を貼ってみました。
赤ストライプ1.jpg

赤ストライプ3.jpg青ストライプ4.jpg

上記の写真だと布を貼っている事が分かりにくいので、布を貼った表面のアップも撮ってみました。
赤ストライプ2.jpg青ストライプ2.jpg


中はどうなっているのか?っと言いますと、
赤の方は内側にピンクの紙を貼り、青の方は蓋の内側だけにナチュラル色のコットン布を貼りました。
赤ストライプ4.jpg青ストライプ3.jpg

青の方は見栄えがどうなるのかな?と思い、あえて蓋の片側だけ貼ってみたのですが、
両方にナチュラル色のコットンを貼っても良かったですね。

いつもは紙を貼っている箱も、布を貼るだけで雰囲気や手触りがこんなに変わるのか?!と驚きました。

カルトナージュのように豪華で綺麗はありませんが、自分用の小物入れには丁度よいのでしょうか。

大きさはA7でコピー用紙ですと200枚程入りそうなのですが、何を入れようか?と悩んでしまいます。
コンパクトなソーイングセットにしてもいいですし、机の中の小物たち(クリップや付箋など)を入れてもいいですね!

みなさんは何を入れますか?

2013年1月31日
本日マーケティング会議でした。

こんばんわ、企画のエビです。

本日は昼からマーケティング会議を行いました、
会議の一場面の模様です。

DSCN5310.JPG

ブレインストーミングの手法を使い
皆で楽しみながら案だしをしています。

お客様にパッケージを通じて楽しい事、楽しい時間を
お届けするために私達も楽しみながら考えています。
新しい企画・提案に是非ご期待ください。


2013年1月29日
パッケージがいっぱい。

こんにちわ、企画のエビです。

今日は、Alibaba.com(アリババドットコムと読みます)に出展している
ハマノパッケージの別サイトをご紹介いたします。

alibabahome.png
http://hamanopackage.trustpass.alibaba.com/

Alibaba.com は、世界各国の企業が、取引先企業を求めて訪れる世界最大のB to Bサイトです。
出展企業は自社の製品・サービスをAlibaba.com内に設けられた自社専用の展示ブースに掲載し
販売の機会を得る事が出来ます。

楽天やamazonが企業と個人を結び付けるもの、B to Cであるのに対して
Alibaba.comは企業とバイヤー(企業)間の取引を目指して設けられたサイトであります。

当初、ハマノパッケージでは海外でのパッケージ販路開拓を目的として
取り組んでいたのですが、自社展示ブース内に商品であるパッケージの説明や写真掲載を
追加していくことで、日本国内のお客様から問い合わせをいただいた時に
メイド・イン・ハマノのパッケージをご紹介するのに便利なサイトになっています。

hakosyoukai.png
http://hamanopackage.trustpass.alibaba.com/product/122040432-103224404/wallet_box.html

ホームページ内に掲載しきれていないパッケージ、箱をご覧いただけますので
興味を持っていただけた方は是非一度ご覧ください。



2013年1月28日
播磨地方は路面凍結しています。

おはようございます、企画のエビです。

播磨地方は昨夜から降り出した雪の影響で
今朝は路面が至る所でアイスバーン状態!ツルッツルッ

自動車通勤しているのですが、家から幹線道路に出るまでに
二度スピンしたので一旦家に帰り、電車で行くか車で行くかを考えることに。

考えること30分...

「高速道を使わずに一般道でゆっくり行こう。」と気を取り直してまた車で出発するも、
どの道も大渋滞、渋滞の列に一度入ると抜け出せません、Uターンも出来ない状態になり、
普段は30分ほどの道のりをのんびり走り続けて3時間、ようやく会社に出社できました。

お昼からも、陽が当たらない箇所では路面凍結していると思われますので
お出かけの際はくれぐれもお気を付け下さい。


2013年1月23日
ショールームもあります

こんにちわ、企画のエビです。

弊社ではお客様からお問い合わせが御座いましたら
営業が電話でご担当者の方へ詳細をヒヤリングさせていただいてますが、
電話では伝えにくいイメージがあったり、
複雑な設計を必要とする場合はお客様の所へお伺いし打ち合わせをしています。

箱のプロである営業がお客様の所にお伺いし、
打ち合わせをさせていただくのですが、言葉とイラストだけでは
なかなかイメージが伝わらない事もありますので、
そんな時は、弊社ショールームへご案内いたしています。

DSCN5287.JPG

DSCN5283.JPG

ショールームにはイスが六脚あり、広々とし
リラックスし打ち合わせする事が可能です。
また、ハマノパッケージがお客様と作り上げてきた
パッケージの数々を手に取りご確認していただけますので
より一層イメージを掻き立てられて、素晴らしいパッケージが誕生し続けています。

近所にお越しの際は是非お立ち寄りください、お待ちしています。


2013年1月22日
ハート箱のカスタマイズ 其の2

こんにちは!企画のタイです。

前回の其の1の続きです。

身箱側面の紙の繋ぎ合わせをテープで仮留めした所をのり付けしくっつけます。
IMG_1075.jpg

のりが乾いたら、身箱の芯になるボール紙を巻き込んでいきます。
IMG_1080.JPG

つなぎ目の線の位置を確認し、貼っていきます。
1082と1083.jpg

これで身箱の側面部分の下準備は完了です。
IMG_1084.JPG

今度はフタのデザイン入りの紙を厚いボール紙にのりで貼っていきます。
IMG_1088.jpg

のりの付いた紙の中心に置き、しっかりと貼ります
IMG_1090.jpg
ボール紙の断面を覆うためのギザギザした所を折り返しながら貼っていきます。
IMG_1094.jpg

貼り上がりました。
表側と裏側です。
1095と1096.jpg

実はこれだけだとフタが落ちてしまうので、
フタの芯ボールより一回り小さめのサイズのボール紙を用意し、フタの裏へくっ付けます。
が、そのままだと味気ないので、紙袋と同じような紙を貼ります。
1123と1125.jpg

貼り上げ、余分な所をカットすると、こんな感じになります。
表側と裏側です。
1126と1127.jpg

フタのデザインになる部分と、一回り小さめのサイズのボール紙をいよいよ貼付けていきます。
IMG_1128.jpg

ボンドでも良かったのですが、今回は両面テープで取付ける事にました。
IMG_1129.jpg

取り付けてみたのですが、
IMG_1130.jpg
これだと分かりづらいので、
横から撮ってみました。
IMG_1133.jpg
ボール紙の断面が見えている厚い方でフタをズレなくします。
これでフタは完成です。

フタを開けた時に身の底に柄が見えるようにしたい!っと思い、
鉛筆で強く印を付けておいた材料の続きです。
裏返すと印を付けた所が浮き出ていますので、
浮き出た所より少しはみ出るぐらいにのりを付けます。
IMG_1077.jpg

浮き出た線を目がけて、ボール紙を置きます。
IMG_1079.jpg
のりが乾いたら余分な所をカットし、鉛筆の線を消しゴムで消して一旦完了です。

ハート箱を裏返した時に見える部分も紙を貼ります。
1085と1086.jpg
のりが乾いたらから余分な所をカットします。
身・底メンコの準備はこれで完了です。
1099と1100.jpg

この「身・底メンコ」と書かれた部材に、身箱側面のピンク色の帯を巻き付けていきます。
帯を少しクセ付けをし、身・底メンコと帯をテープで固定させます。
帯のつなぎ目にのりを付けるのを忘れずに。
1114と1115.jpg
全部固定させました。
IMG_1118.jpg

今度はボンドで身・底メンコと帯をテープをくっ付けていきます。
IMG_1122.jpg

乾いたら固定していたテープを取ります。

身の内側に柄の付いたボール紙をのりではります。
1139と1141.jpg

あとは、フタをかぶせて完成です!
IMG_1143.jpgIMG_1146.JPG

手持ちのアメを入れてみました。
IMG_1147.JPG

これはアメを入れる事で、バレンタインデーよりもホワイトデーっぽ装いになった感じでしょうか。
これならホワイトデーまで飾れそうですね♪
事務所の展示スペースに飾りたいと思います。
メールでのお問い合わせ
  • お客様の声
  • 貼り箱制作実績
  • コンセプト商品紹介
  • 工場紹介
  • 工場紹介
ハマノパッケージの流通加工
ハマノパッケージ物語
スタッフブログ
お知らせ・更新情報